記事リスト

海外展開する場合の翻訳

オフィス

文章の翻訳作業は、機械翻訳と翻訳会社による人力の二種類があるが、どちらも文章利用に細心の注意が必要である。第一に使用できる用途を限定する著作権の問題、第二に翻訳会社との理解の違い、最後にかかる費用の問題である。これらを回避するために綿密なコミュニケーションが大切である。

詳しく見る

正式な文章作成

PCを操作する人

企業で作成する正式な文章などを作成する際、外国語での作成の場合には翻訳会社の活用が最適である。翻訳会社では専門のスタッフなどにより、正確な文章で翻訳してもら事ができる。対応言語や得意分野などもあるため、比較が必要である。

詳しく見る

外国語訳はプロ任せが安心

女の人

契約書やマニュアルも

外国企業とのビジネスや海外への進出、海外からの製品やサービス輸入などの機会も増え、契約書の取り交わしや操作マニュアルや商品説明のパッケージ表記などが英語や現地の言葉で書かれているケースが増えています。近年は英会話は得意という人も増えていますが、契約書のような重要な書類や作業リスクもある機械や、初めて扱う商品などの説明文や案内文は誤訳は許されるものではなく、契約上のペナルティの発生や思わぬ事故やトラブルの原因になってしまいます。日常会話やビジネス会話と異なり、文書の形になると、より難しい表現や専門用語が羅列されてきますので、契約書類やマニュアルなどの重要文書は翻訳のプロである翻訳会社に任せるのが安心です。翻訳会社なら社内で英語が得意なスタッフ1人に任せる誤訳リスクや翻訳の手間や負担を回避できます。外国語が分かる日本人に加え、日本語が分かる外国人スタッフもおり、ダブルチェック、トリプルチェックを通じて間違いのない正確で分かりやすい文章に訳してくれるので安心できます。翻訳会社を利用するメリットとして、得意な方も多い英語だけでなく、中国語や韓国語をはじめ、ベトナム語などの東南アジアの言葉からインドやロシア、中東地域やアフリカ地域、ヨーロッパなど様々な国の言語に対応できる専門家が揃っている翻訳会社もある点が挙げられます。英語圏以外の企業との取引や契約、商品の輸入などの際には対応できる翻訳会社を探して利用しましょう。

専門的な訳に向いています

男の人と女の人

専門的かつ誤訳が許されないような製品マニュアルや契約書などの翻訳には、高い能力をもっている翻訳会社の利用がお勧めです。これらの会社では複数人によるスピーディーな作業ができ、また懸念される機密保持に関しても厳密な誓約がなされているので安心です。

詳しく見る

取扱説明書の翻訳を委託

メンズ

自社製品の取扱説明書の翻訳をする際には、翻訳会社など専門の業者に委託をするほうが安全です。現在、翻訳会社は日本にはたくさんありますので、取り扱い言語や過去の取扱実績などを比較して信頼できる業者に委託をするべきです。

詳しく見る

会社もグローバルに

社内

社員の語学能力を育てるのにはコストも時間もかかりますが、翻訳会社であれば手軽に利用でき、自社の業務内容に合わせてサービスをチョイスできるという利点があります。需要が高いからこそ、早めの利用・契約が望ましいといえるでしょう。

詳しく見る