記事リスト

海外展開する場合の翻訳

オフィス

人力翻訳を利用する

翻訳会社を大きく分けると、人力での翻訳と、機械による翻訳の二種類が存在します。どちらの場合も利用する際には幾つか注意すべき点があります。両社共に利用規約をよく確認し、社内機密や著作権に対して最大に注意を払わなければならないということです。機械翻訳サービスの場合、翻訳した後の文章を使用できる用途がかなり限られてしまっていますから、勝手に改訳して使用した場合には著作権に関する問題が起こるでしょう。同時に時間を短縮できる分、誤訳も数多くあり、最終的には人力で精密な確認をしておかなければならないのです。翻訳会社側の人力でも社内機密に関わる内容に関する契約は重大なもので、確認をしなければならないのは機械翻訳と同様です。そこに加えて業務内容や思想に関して、翻訳会社側としっかりとすり合わせていく事が重要となるでしょう。依頼する側の用語や機械の種別等を把握できなければ、翻訳会社側も依頼どおりの作業をこなすことは出来ない為です。海外企業向けマニュアルの作成や契約書の内容が噛み合わなければ最終的なトラブルは避けきれなくなるでしょう。最後に翻訳会社へ向けられるコストも留意すしなくてはなりません。多くの他国へ企業を進出する場合、やはり翻訳会社へかかる費用は莫大な数字になることはいうまでもありませんから、自社に翻訳する部署を立ち上げる必要がでてくるでしょう。計画的な利用で付き合いをしていく必要があるのです。翻訳と言っても質や仕様は様々です。双方の良さに寄り添って利用する事が必要となるでしょう。