記事リスト

会社もグローバルに

社内

可能性を高める多言語化

海外からの観光客の増加や世界的イベントの開催決定などに伴い、仕事においてもグローバル化が進んでいます。海外との取引がなくても、日本語だけでなく英語や中国語、韓国語などの言語に対応していて当然といわれるような時代になりつつあるのもまた事実です。しかしながら、一から語学習得するのには時間も費用もかかるため、あまり現実的ではないでしょう。そのため、翻訳会社のサービスを利用する会社も多く、翻訳会社からスタッフを派遣し、常駐してもらうと行った活用をしている所も珍しくありません。こうした翻訳会社では多言語に対応できるプロがいるだけなく、読み書きなどの文法に詳しいスタッフから、電話や現地案内など実際に話せるトークスキルを有するスタッフまで、能力もまちまちです。スタッフの派遣や利用にはかなりの費用がかかることもありますが、書類の翻訳や外国語への変換などは1文字単位での料金が発生するため比較的割安でしょう。とはいえ、当日中の翻訳やテープ起こしなどは追加料金・特別料金の対象となっているため注意が必要な点といえます。業務が違えば求められる能力や必要な言語が変わってくるのもまた当然でしょう。だからこそ、社員教育はもちろんですがこうした翻訳会社のサービスを活用して賢くグローバル化に対応することが求められます。今は翻訳サービスも需要が多くなっているため、必要性を感じたら早めに対応しておいたほうが良いかもしれません。